今後の発展が見込める街|言わずと知れた積水ハウスは評判もうなぎ上り

言わずと知れた積水ハウスは評判もうなぎ上り

今後の発展が見込める街

集合住宅

エリアの特徴を知ろう

茨木市は大阪の都心部から約15キロの距離にあるベッドタウンです。戦後に住宅地として開発され、利便性の高いエリアとして人気があります。茨木市で不動産を購入する際の注意点は、市内のエリアごとの特徴を理解しておく必要があるということです。茨木市は南北に長い形をしていますが、大まかに分けると南部に位置する中心市街地と北部の丘陵地帯に分けられます。中心市街地は人口が密集しており、都心部へのアクセスが良いのが特徴です。JR東海道線や阪急京都線を使えば、大阪の中心部である梅田エリアまで乗り換えなしでアクセスできます。北部の丘陵地帯は自然が多く残っており、のびのびと暮らせる環境が魅力です。都心部への通勤は、バスと鉄道を乗り継ぐことになる場合が多いです。

転売するなら中心部

それぞれのエリアの特徴を具体的に見ていきましょう。茨木市中心部の不動産価格は上昇傾向にあります。理由は近年、鉄道の利便性が高まっているからです。JR沿線の不動産は今後も資産価値が維持される可能性が高いです。転勤などで将来的に転売の可能性がある世帯は、市中心部での不動産購入をお勧めします。一方、丘陵地帯の魅力は「ゆとり」です。駅から距離がある分、土地の価格がお手頃で、庭付きの新築戸建ても2000万円台で購入できます。伸び伸びと子育てがしたい世帯や一生そこに住みたいという方は検討対象となるでしょう。希望通りの住宅を建てたいなら、地域の不動産会社に相談することが先決です。その地域や物件情報に詳しいプロの声に耳を傾けるというもの大切なことだと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加